AppFriend


クラス概略
Friendly接続可能なアプリケーションの操作クラスです。
staticメソッド呼び出しと変数の宣言ができます。
抽象クラスで、接続先ごとに継承したクラスが用意されます。




public FriendlyOperation this[string staticOperation]{ get; }
public FriendlyOperation this[string staticOperation, Async async]{ get; }
public FriendlyOperation this[string staticOperation, OperationTypeInfo operationTypeInfo]{ get; }
public FriendlyOperation this[string staticOperation, OperationTypeInfo operationTypeInfo, Async async]{ get; }
public FriendlyOperation this[Type type, string operation]{ get; }
public FriendlyOperation this[Type type, string operation, Async async]{ get; }
public FriendlyOperation this[Type type, string operation, OperationTypeInfo operationTypeInfo]{ get; }
public FriendlyOperation this[Type type, string operation, OperationTypeInfo operationTypeInfo, Async async]{ get; }
解説
テスト対象アプリケーション内のstatic操作を呼び出すdelegateを取得します。

戻り値
アプリケーション内のstatic操作を呼び出すdelegate。

引数
staticOpeartion
ネームスペース.クラス名.操作名(メソッド、プロパティー、フィールド)の形式で指定します。
type
static呼び出しを保持する型情報です。
operation
操作名称です。
operationTypeInfo
操作型情報です。
指定の操作に対して、複数のオーバーロードが存在する場合、もしくは親クラスの同名の操作を呼び出したい場合に使用します。
オーバーロードに関しては多くの場合、OperationTypeInfoを使わずとも、渡す引数で解決できます。
async
非同期実行です。



public AppVar Dim()
解説
テスト対象アプリケーション内にnullの変数を宣言します。

戻り値
アプリケーション内変数。



public AppVar Dim(object obj)
解説
テスト対象アプリケーション内に指定のオブジェクトで初期化された変数を宣言します。
指定のオブジェクトの参照がアプリケーション内に宣言されるのではなく、シリアライズされ、転送され、デシリアライズされたオブジェクトが初期値として宣言された変数に格納されます。

戻り値
アプリケーション内変数。

引数
obj
アプリケーション内部に宣言する変数の初期値。
シリアライズ可能な型、もしくはnullである必要がある。



public AppVar Dim(NewInfo newInfo)
解説
テスト対象アプリケーション内に指定の生成情報で生成されたオブジェクトを格納する変数を宣言します。

戻り値
アプリケーション内変数。

引数
newInfo
オブジェクト生成情報



public AppVar Dim(NewInfo newInfo, OperationTypeInfo operationTypeInfo)
解説
テスト対象アプリケーション内に指定の生成情報で生成されたオブジェクトを格納する変数を宣言します。

戻り値
アプリケーション内変数。

引数
newInfo
オブジェクト生成情報
operationTypeInfo
操作型情報です。
コンストラクタに対して、複数のオーバーロードが存在する場合に使用します。
オーバーロードに関しては多くの場合、OperationTypeInfoを使わずとも、渡す引数で解決できます。