DynamicAppType

クラス概略
対象アプリケーション内の型による操作に関するクラスです。
static操作に対するFriendlyOperationをdynamicキーワードによって、
通常のメソッド、プロパティー、フィールド呼び出しのように扱うことができます。
また、型名称を使って、対象アプリケーション内にオブジェクトを生成することもできます。
注意点として、DynamicObjectクラスに定義されている操作と同名のstatic操作を呼び出すことはできません。
どうしても必要な場合は、旧来のFriendlyOperationで実行してください。



public DynamicAppType(AppFriend app)
解説
コンストラクタ。

引数
app
アプリケーション操作クラス。



public DynamicAppType(AppFriend app, string name)
解説
コンストラクタ。

引数
app
アプリケーション操作クラス。
name
型名称。



public  dynamic Equals(Object obj)
解説
Equalsという名前のstaticメソッドがあれば、それを実行します。

戻り値
DynamicAppVarで返ります。

引数
obj
オブジェクト。



public dynamic GetHashCode()
解説
GetHashCodeという名前のstaticメソッドがあれば、それを実行します。

戻り値
DynamicAppVarで返ります。




public dynamic GetType()
解説
GetTypeという名前のstaticメソッドがあれば、それを実行します。

戻り値
タイプ。DynamicAppVarで返ります。



public dynamic MemberwiseClone()
解説
MemberwiseCloneという名前のstaticメソッドがあれば、それを実行します。

戻り値
DynamicAppVarで返ります。



public dynamic ToString()
解説
ToStringという名前のstaticメソッドがあれば、それを実行します。

戻り値
DynamicAppVarで返ります。




public bool TryGetMember(GetMemberBinder binder, ref Object& result)
解説
プロパティー、フィールドへのアクセス(getter)の動的解決です。
非同期実行はできません。
どうしても非同期実行が必要な場合はAppVarにキャストして、FriendlyOperationを使用するか、
メソッド形式の呼び出しを実行してください。
メソッド名称はプロパティー名称と同一です。

戻り値
成否。

引数
binder
バインダー。
result
取得結果。



public bool TryInvoke(InvokeBinder binder, ref Object[] args, ref Object& result)
解説
delegate型の実行の動的解決です。
このクラスで呼ばれた場合、対象アプリケーション内で、その型のコンストラクタを呼び出して、インスタンスを生成します。

戻り値
成否。

引数
binder
バインダー。
args
引数。
result
戻り値。



public bool TryInvokeMember(InvokeMemberBinder binder, ref Object[] args, ref Object& result)
解説
メソッド実行の動的解決です。
AsyncとOperationTypeInfoを指定する場合は、引数に渡してください。
その順番はどこでも構いません。

戻り値
成否。

引数
binder
バインダー。
args
引数。
result
戻り値。



public bool TrySetMember(SetMemberBinder binder, Object value)
解説
プロパティー、フィールドへのアクセス(setter)の動的解決です。
非同期実行はできません。
どうしても非同期実行が必要な場合はAppVarにキャストして、FriendlyOperationを使用するか、
メソッド形式の呼び出しを実行してください。
メソッド名称はプロパティー名称と同一です。

戻り値
成否。

引数
binder
バインダー。
value
設定値。