概要‎ > ‎APIリファレンス‎ > ‎

Codeer.Friendly.Windows.NativeStandardControls.dll

*このライブラリのソースコードはこちらからダウンロードできます。

解説
標準的なネイティブのウィンドウを操作するためのクラスが定義されています。



ネイティブウィンドウ基本クラスです。

WindowClassがButtonのウィンドウに対応した操作を提供します。 

WindowClassがComboBox、ComboBoxEx32のウィンドウに対応した操作を提供します。 

WindowClassがSysDateTimePick32のウィンドウに対応した操作を提供します。 

WindowClassがEdit、RichEdit20A、RichEdit20Wのウィンドウに対応した操作を提供します。  

WindowClassがSysIPAddress32のウィンドウに対応した操作を提供します。 

WindowClassがListBoxのウィンドウに対応した操作を提供します。

WindowClassがSysListView32のウィンドウに対応した操作を提供します。 

WindowClassがSysMonthCal32のウィンドウに対応した操作を提供します。 

WindowClassがmsctls_progress32のウィンドウに対応した操作を提供します。 

WindowClassがScrollBarのウィンドウに対応した操作を提供します。 

WindowClassがmsctls_trackbar32のウィンドウに対応した操作を提供します。 

WindowClassがmsctls_updown32のウィンドウに対応した操作を提供します。 

WindowClassがSysTabControl32のウィンドウに対応した操作を提供します。 

WindowClassがSysTreeView32のウィンドウに対応した操作を提供します。 

メッセージボックス対応クラスです。


NativeListControlで使用します。

LVCF
NativeListControlで使用します。

LVIF
NativeListControlで使用します。

LVIR
NativeListControlで使用します。

LVIS
NativeListControlで使用します。

NativeListControlで使用します。

NativeTabで使用します。

NativeTabで使用します。

NativeTabで使用します。

NativeTreeで使用します。

NativeTreeで使用します。

NativeTreeで使用します。

NativeMonthCalendarで使用します。