NativeMonthCalendar

クラス概要
WindowClassがSysMonthCal32のウィンドウに対応した操作を提供します。



public NativeMonthCalendar(WindowControl src)
解説
コンストラクタです。

引数
src
元となるウィンドウコントロールです。



public NativeMonthCalendar(WindowsAppFriend app, IntPtr windowHandle)
解説
コンストラクタです。

引数
app
アプリケーション操作クラス。
windowHandle
ウィンドウハンドル。



public Day FirstDayOfWeek{ get; }
解説
カレンダーの左端の列に表示される曜日を取得します。



public int MaxSelectionCount{ get; }
解説
選択できる最大日数です。



public MonthCalendarView MonthCalendarView{ get; }
解説
現在の表示モードを取得します。



public DateTime SelectedDay{ get; }
解説
現在の選択日時です。



public DateTime Today{ get; }
解説
今日の日付です。



public void EmulateChangeView(MonthCalendarView view)
解説
表示モードを設定します。
MCN_VIEWCHANGEの通知が発生します。

引数
view
表示モード。



public void EmulateChangeView(MonthCalendarView view, Async async)
解説
表示モードを設定します。
MCN_VIEWCHANGEの通知が発生します。
非同期で実行します。

引数
view
表示モード。
async
非同期実行オブジェクト。



public void EmulateSelectDay(DateTime day)
解説
現在の選択日付を設定します。
MCN_SELCHANGE、MCN_SELECTの通知が発生します。

引数
day
選択日付。



public void EmulateSelectDay(DateTime day, Async async)
解説
現在の選択日付を設定します。
MCN_SELCHANGE、MCN_SELECTの通知が発生します。
非同期で実行します。

引数
day
選択する日時。
async
非同期実行オブジェクト。



public void EmulateSelectDay(DateTime min, DateTime max)
解説
現在の選択範囲を設定します。
複数選択の場合に使用します。
MCN_SELCHANGE、MCN_SELECTの通知が発生します。

引数
min
最小日付。
max
最大日付。



public void EmulateSelectDay(DateTime min, DateTime max, Async async)
解説
現在の選択範囲を設定します。
複数選択の場合に使用します。
MCN_SELCHANGE、MCN_SELECTの通知が発生します。
非同期で実行します。

引数
min
最小日付。
max
最大日付。
async
非同期実行オブジェクト。



public  GetSelectionRange(ref DateTime min, ref DateTime max)
解説
ユーザーによって現在選択されている日付範囲を取得します。
複数選択の場合に使用します。

戻り値
成否。

引数
min
最小日付。
max
最大日付。