NativeScrollBar

クラス概要
WindowClassがScrollBarのウィンドウに対応した操作を提供します。



public NativeScrollBar(WindowControl src)
解説
コンストラクタです。

引数
src
元となるウィンドウコントロールです。



public NativeScrollBar(WindowsAppFriend app, IntPtr windowHandle)
解説
コンストラクタです。

引数
app
アプリケーション操作クラス。
windowHandle
ウィンドウハンドル。



public bool IsVertical{ get; }
解説
縦スクロールバーであるか。



public int ScrollPos{ get; }
解説
スクロールバーの現在位置です。



public void EmulateScroll(int pos)
解説
スクロールバーの現在位置を設定のための通知を発生させます。
WM_HSCROLL、もしくはWM_VSCROLLの通知が発生します。
スクロールのタイプはSB_THUMBTRACKです。

引数
pos
現在位置。



public void EmulateScroll(int pos, Async async)
解説
スクロールバーの現在位置を設定します。
WM_HSCROLL、もしくはWM_VSCROLLの通知が発生します。
スクロールのタイプはSB_THUMBTRACKです。
非同期で実行します。

引数
pos
現在位置。
async
非同期実行オブジェクト。



public void GetScrollRange(ref Int32& min, ref Int32& max)
解説
スクロールの範囲を取得します。

引数
min
下限。
max
上限。