TokenAsync

クラス概略
非同期トークン。
これを入れておくと、非同期が必要と判断された場合、そこにAsyncオブジェクトが挿入されます。
ジェネレータ実装時のテスト時にこのトークンに関する動作確認をする場合はDebugModeクラスを使用してください。



public TokenAsync(CommaType comma)
解説
コンストラクタ。

引数
comma
カンマ。



public string Name{ get;  set; }
解説
名前。



public  bool Equals(Object obj)
解説
等価比較。

戻り値
比較結果。

引数
obj
比較対象。



public  int GetHashCode()
解説
ハッシュコード取得。

戻り値
ハッシュコード。



public  string ToString()
解説
文字列化。

戻り値
トークン文字列。