FormsCheckedListBox

クラス概略
TypeがSystem.Windows.Forms.CheckdListBoxのウィンドウに対応した操作を提供します。



public FormsCheckedListBox(FormsControlBase src)
解説
コンストラクタです。

引数
src
元となるウィンドウコントロール。



public FormsCheckedListBox(WindowsAppFriend app, AppVar appVar)
解説
コンストラクタです。

引数
app
アプリケーション操作クラス。
appVar
アプリケーション内変数。



public int[] CheckedIndices{ get; }
解説
現在チェックされているアイテムのインデックスを配列で取得します。



public int ItemCount{ get; }
解説
一覧のアイテム数を取得します。



public int SelectedItemIndex{ get; }
解説
現在選択されているアイテムのインデックスを取得します。



public void EmulateChangeSelectedIndex(int index)
解説
指定されたインデックスに該当するアイテムを選択状態にします。

引数
index
インデックス。



public void EmulateChangeSelectedIndex(int index, Async async)
解説
指定されたインデックスに該当するアイテムを選択状態にします。
非同期に実行します。

引数
index
インデックス。
async
非同期実行オブジェクト。



public void EmulateCheckState(int index, CheckState value)
解説
チェック状態を設定します。

引数
index
インデックス。
value
チェック状態。



public void EmulateCheckState(int index, CheckState value, Async async)
解説
チェック状態を設定します。
非同期で実行します。

引数
index
インデックス。
value
チェック状態。
async
非同期実行オブジェクト。



public int FindListIndex(string ItemText)
解説
アイテムを指定されたテキストで検索します。

戻り値
検索されたノードのアイテムハンドル。未発見時は-1が返ります。

引数
ItemText
各ノードのテキスト。



public CheckState GetCheckState()
解説
チェック状態を取得します。

戻り値
チェック状態