株式会社Codeer | 大阪
ソフトウェア開発・テスト自動化

// Test Assistant Pro
title_tap

CodeとToolのシナジー効果

自動テスト作成はそれ自体がソフトウェア開発です。成功に導くには研ぎ澄まされた設計/実装が不可欠です。それは変わりません。 TestAssistantProはCodeerが推奨する自動テストの実装を高度にアシストいたします。
VisualStudioの拡張としてご利用いただけます。
MarketPlace/Codeer.TestAssistantPro

現状の対応フレームワーク


※1 β版が2018/10/31までご利用いただけます。
※2 有効期限確認時にネットワーク接続が必要となります。

// ドライバを使ったコードの生成

Codeerが推奨する自動テストのコードはドライバ層とシナリオ層が分かれています。技術的な処理はドライバ層に任せて、テストの肝となるシナリオをシンプルに保ちます。
TestAssistantProを使えば、ドライバを使ったテストシナリオコードの生成ができます。すでに実装されたコードを使って、より良いコードを生成するのです。



モーダルダイアログでも同期をとったコードが綺麗に出力されます。



// ドライバ生成とメンテナンス

ドライバもその多くは自動で生成できます。



生成されたドライバの内容を知りたい場合は Check Driver を使います。コードを選択すると対応するコントロールが赤枠で表示されます。
VisualStudioのリファクタリング機能を合わせて使うことにより人が簡単にDriverのメンテナンスをすることができます。



// 特殊なコントロールにも対応

多くの場合Windowsアプリは標準的なコントロールの他に、サードパーティやそれぞれのプロジェクトで固有のコントロールを使います。そのような場合でも対応するコントロールドライバを作成することによってシンプルにテストシナリオを保つことができます。
また、そのコントロールドライバに対応するコードジェネレータを実装することによって独自のコントロールでもTestAssistantProのコード生成機能を使うことができるようになります。



また、上記の機能の全てを、こちらのサンプルにて体験する事ができます。 Github/Codeer-Software/TestAssistantPro.Samples

mailお問い合わせ